« ねえ、君は、どんなことを考えて、30年も、そんなところに鎮座しているんだい? | トップページ | 悲しいかな、明日も、明後日も、明々後日も、ずっと、ずっと、今日という1日は繰り返されるわけで… »

2006年4月 2日 (日)

結婚と結婚と結婚と結婚と結婚と…えーっと。。。

まだ大酒飲みだった頃、毎日のように地元の某居酒屋チェーン店に通っていた。カウンターの席で、買ったばかりのケータイをいじって遊んでいた。酔った勢いで、その頃つきあっていた女の子にプロポーズしたことがあった。

「しらふで言ってよ」

冷たい返事が返ってきた。ごもっともだと思う。

3月に、勤続10年の特別休暇を利用して、江ノ島に遊びに行った。彼女を連れて、藤沢にあるビジネスホテルを拠点に、江ノ電で遊び回った。

ほとんどの時間は、彼女の雑貨屋さん巡りにつきあわされた感があるが、本当の目的は、もっと別にあった。

藤沢の最初の夜、オイラは、駅に近い和風居酒屋に誘った。観光ガイドに載っていた、串焼きと刺身が美味しいお店だ。

彼女に促されるように、オイラは、2年4か月ぶりにお酒を飲んだ。

彼女と出会って、丸1年が過ぎようとしていた。

出会ったきっかけや、1年に起こった様々な出来事を話した。

ホテルに戻ると、彼女はかなり酔っぱらっていた。

「どうして、こんな私とつきあってるの?」

↑実際には、もっとえげつなく、絡んでくる感じだ(笑)

「こらっ!正直に話せ!どうするつもりだっ!」

あまりにもしつこく絡んでくるから、彼女をベッドに押さえ込んだ。

「今すぐは無理かもしれないけれど、1年後か2年後か、結婚しようと思ってるんだよ」

彼女は、急に酔いが覚めたようにオイラを黙って見つめた。

「まじで?」

「うん」

オイラは、すぐに返事は求めなかった。

いろいろな事情があって、オイラも、彼女も、独りで生きていくことを考えていた。彼女は、一度結婚に失敗したし、オイラも、いろいろあった。きっかけはともかくとして、オイラたちは1年前に出会い、いつの間にか、プチ旅行していた。お互いの傷をちゃんと理解しているけれど、結婚はないものだと、お互いが勝手に思っていた。

それが、この何ヶ月かで、少し変わりつつある。

その日以来、彼女なりに考えたのか、「結婚したら…」とか「結婚する気なら…」と、妙な仮定で問いかけられるようになった。まだ、お互いにリアリティを感じていないけれど、何かが動き出したような気もする。

ちゃんとプロポーズしなければ、と思った。

|

« ねえ、君は、どんなことを考えて、30年も、そんなところに鎮座しているんだい? | トップページ | 悲しいかな、明日も、明後日も、明々後日も、ずっと、ずっと、今日という1日は繰り返されるわけで… »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/9402205

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚と結婚と結婚と結婚と結婚と…えーっと。。。:

« ねえ、君は、どんなことを考えて、30年も、そんなところに鎮座しているんだい? | トップページ | 悲しいかな、明日も、明後日も、明々後日も、ずっと、ずっと、今日という1日は繰り返されるわけで… »