« 日比谷公園の梅の花がキレイに咲いていた。もう春だね。 | トップページ | 天窓スタッフTさんに「最近、更新の間隔が長くなりましたよね」とダメだしされて、少々凹んだ夜 »

2006年3月12日 (日)

眞鍋姉さんも、夢を抱いて上京したんだね~。

以前も書いたけれど、オイラは、京都から、寝台急行銀河で上京した。新幹線ならほんの2時間半もあれば東京に着いてしまうんだけれど、オイラはあえて、夜行列車を選んだ。しかも、寝台急行なんて、今では「銀河」くらいしか残っていない、哀愁漂うブルートレイン。大きな荷物は全部引っ越しの荷物に詰め込み、カバン1つで、友達のお母さんにもらった3万円の餞別を握りしめて、ブルートレインに乗り込んだんだ。

それは、1994年2月のことである。眞鍋姉さんが上京した5年ほど前になるのかな。

東京に着くと、午前6時くらい。空はすかっと晴れていて、それからの人生がとてつもなく明るく広がっているように思えた。

東京に着いたオイラは、迷わず練馬区の石神井公園駅に向かい、家賃4万9000円という激安のワンルームを契約した。その次に、駅前の郵便局に行き、餞別の3万円を国際ボランティア貯金に預けた。貧乏人でプー太朗だったオイラは、大切な3万円を本当に困ったときに使おうと思ったんだ。

眞鍋姉さんのように、オイラは、毎日東京のあちこちをウロウロした。上京した目的は、シナリオライターの学校に通うことだったので、表参道にあるシナリオセンターの講座を申し込んで、受講した。当時は、さぞかしダサい格好だったと思うんやけど、まだ同潤会アパートが残っていて、クリスマスにはイルミネーションが輝いていた表参道を、胸をはって歩いていた。

でも、悲しいかな、たった1人だった。

もちろん、大学時代の友達も東京に住んでいたけれど、酒を飲む相手くらいにはなっても、自分の夢を進むために頼るものでもなかった。デカい東京で、たった1人でシナリオの勉強を続けるっていうのは、なかなか辛抱が必要だった。

当時住んでいたアパートには、インターホンなんてものはなくて、お客さんが来ると、いちいち扉を開けていた。が、独り暮らしの男の家を訪ねる人間なんぞ、NHKや新聞屋の集金の人をのぞくと、ロクな奴がいない。意味不明のセールスマンや、宗教の勧誘、暴力団まがいの新聞勧誘とか、ひどいやつになると、集金に来てオイラがいないとガスの栓を閉めるとか、湯沸かし器の電源を抜くなんて、とてつもない新聞屋まで現れて、警察に相談するなんてこともあった。

最近は、ようやく、そういう災難から逃れる術も覚えた。電話もよこさないでうちに来るやつは、何度呼び鈴を鳴らしても、絶対に出ないし、「宅急便です」と言いながらインターホン越しに様子がおかしいやつも、「いらない」と言って断る。本当に宅急便なら、不在連絡表を置いてくれる。

もっとも、先日の新聞屋にはやられた。

「こんにちわ。引っ越しのご挨拶に参りました」

てっきり、隣に誰かが引っ越してきたのだと思った。

こういう時代である。単身用マンションで隣に引っ越しのあいさつに来るやつなんていない。間違いなく、勧誘だ。

上京したばかりの頃は、こういうことで傷つくことも多かった。向こうも生活がかかっているから、必死なのだろう。気持ちは分からないでもない。案外、向こうも夢を抱いて上京して、結果としてあんなことやっているのかもしれない。

もうすぐ4月。

また、夢を抱いて上京する若者たちがいるのだろう。

誰でもケータイを持つ時代。

いきなり家を訪ねる人など、いないと思っていい。

人を信じるなと言うつもりはないけれど、眞鍋姉さんも、「路上で声をかけてくる人のことはほぼ100%シカトしていいです」と言っている通り、信じていいものと、信じていけないものを見分けることも、大人になるには必要な技術なのだと思う。

ん?

なんか説教クサい?

今夜は、眞鍋姉さんにトラックバック。

眞鍋姉さん、飲み過ぎ注意だよ。1人酒は、アルコール依存症になりやすい。特に、女性はね。キッチンドランカーと同じ。体には気をつけてね。

オヤスミナサイ。

|

« 日比谷公園の梅の花がキレイに咲いていた。もう春だね。 | トップページ | 天窓スタッフTさんに「最近、更新の間隔が長くなりましたよね」とダメだしされて、少々凹んだ夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/9047527

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋姉さんも、夢を抱いて上京したんだね~。:

« 日比谷公園の梅の花がキレイに咲いていた。もう春だね。 | トップページ | 天窓スタッフTさんに「最近、更新の間隔が長くなりましたよね」とダメだしされて、少々凹んだ夜 »