« 赤信号を堂々と渡る老人の勇気と笑顔に触発されて | トップページ | デートには、映画館よりも、水族館だと思うんだよね。 »

2006年2月 8日 (水)

「にんにく焼き」だなんて書いてあったら、丸ごとって思うやんか?

練馬区役所の近くに、オイラがひいきにしているトンカツ屋さんがある。そんじょそこいらのチェーン店のトンカツよりも美味しいし、でも、値段も少し安くて、でもボリュームがあって、ご飯のおかわりもできる。わんぱくなオイラにとっては、練馬に行くときには必ず立ち寄るお店である。

今日、少し遅めのお昼を食べに、この店に寄った。オイラがいつも頼むのは、ロースとんかつ定食。脂がのって、これが独特の甘さがあって、口の中でとろける。ヒレカツでは、脂分が減ってしまうから、オイラは、ロースに限ると思っている。

オイラが、ローストンカツを頬張っていると、若い女性が1人で入ってきた。トンカツ屋さんに女性のおひとり様は、珍しい。彼女は、カウンター席の一番端に座ると、

「にんにく焼き定食」

と、オーダーした。

何ですと!にんにく焼きですと!

オイラは、すっごいにんにくが好きである。家で自炊をすると、にんにくを駆使するし、お酒を大量に飲んでいた頃は、にんにくの丸焼きは、必須アイテムだった。トンカツ屋に、「にんにく焼き」である。オイラはすぐに、にんにくの丸焼きがでーんと横たわり、にんにくの芽とかが焼いてあったりする、にんにくづくしの定食を想像した。

店の亭主は、フライパンを出すと、油をひき、玉葱のみじん切りを炒め始めた。

ん?玉葱?

さらに、豚肉をフライパンに放り込み、玉葱といっしょに炒める。

この辺で、勘の良い方なら、おわかりだろう。

オイラは、丸ごとにんにくがどこで登場するのか、ワクワクと待ち続けた。が、形のあるにんにくはついに姿を見せず、亭主は、フライパンにささっと細かな「何か」を放り込んだ。

ぷーん。

店中に、にんにくの香りが漂った。

オイラは、手元にあったメニューを見た。

「しょうが焼き定食」の横に、「にんにく焼き定食」を見つけた。当然、しょうが焼きは、しょうがを丸ごと焼いてくれるわけではないだろう。

豚肉のしょうが焼きと、豚肉のにんにく焼きである。

お皿にたっぷりと盛られた豚肉と玉葱の炒め物。そこからは、香ばしいにんにくの香りがわき上がっていた。

若い女性客は、それを見て、満面の笑みを浮かべると、美味しそうに食べた。

そりゃ、そうだ。お昼のランチで、にんにくを丸ごと焼いて出したら、あまりにも斬新すぎるだろう。いくらにんにく大好きのオイラでも、真っ昼間から、そんな過激な料理には、口を付けられない。

が、オイラは、自分の想像に酔った。

丸ごとニンニク焼き定食

どこかのお店でチャレンジしてほしい。

|

« 赤信号を堂々と渡る老人の勇気と笑顔に触発されて | トップページ | デートには、映画館よりも、水族館だと思うんだよね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/8571469

この記事へのトラックバック一覧です: 「にんにく焼き」だなんて書いてあったら、丸ごとって思うやんか?:

« 赤信号を堂々と渡る老人の勇気と笑顔に触発されて | トップページ | デートには、映画館よりも、水族館だと思うんだよね。 »