« 眞鍋姉さん、ナチュラルって、そーゆー意味っすか(笑) | トップページ | 今日は宇都宮でライブ&餃子 »

2006年2月 1日 (水)

勤続満10年という勲章と、密かに思う野望

先日、珍しく会社でおとなしくデスクワークしていると、社長がオイラを呼びつけた。

基本的にオイラと社長との接点など、まずほとんどないと言って良い。それをわざわざ社長から呼ぼうなんて、きっと悪い知らせだと、思わず天を仰いだ。

「オイラ、結婚してませんけど」

「違うよ」

「特に、家族は死んでませんが…」

「違うって」

「リストラ宣告だったりして…」

「勤続満10年のお祝いだよ」

何と、我が社には、そんな制度があったのか。

社長の手には、2万円入ったお祝い袋があった。←あまり少ないから、赤字にしてみた。

「少ないんだけどね、2万円…」

普通、「少ない」という言葉は、謙遜して言うものだが、勤続10年が2万円というのが、何とも、せつない数字だった。本当に少ない。

しかも、である。お祝い金に加えて、5日間の特別休暇があるというのだ。←あまり少ないから、赤字にしてみた。

が、記者という仕事だから、新聞が出る限り、延々と仕事は続く。通常与えられる年次有給休暇でさえ消化できないというのに、さらに5日間の特別休暇なんぞ、どうやって消化しろというのだ。

「バラでとればいいよ」

首都高の回数券じゃないですから!!!

・・・なんてツッコミをしようと思い、ふととどまった。

10年も苦労したんじゃないか。ここで、明日出る新聞の心配して仕事する必要などあるのだろうか。

それじゃあ、まるで、正義感丸出しのジャーナリストみたいじゃないか。

そんなこんなで。

オイラ、5日間の連続休暇を企んでいる。

勤続10年の勲章。

オイラの思う通りに、5日間を使いたいと思った。

|

« 眞鍋姉さん、ナチュラルって、そーゆー意味っすか(笑) | トップページ | 今日は宇都宮でライブ&餃子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/8456319

この記事へのトラックバック一覧です: 勤続満10年という勲章と、密かに思う野望:

« 眞鍋姉さん、ナチュラルって、そーゆー意味っすか(笑) | トップページ | 今日は宇都宮でライブ&餃子 »