« 受験勉強の原動力は、年上の女の子だった。 | トップページ | 突然ネットがつながらなくなり、途方に暮れていた。 »

2006年1月 9日 (月)

遅刻魔にも遅刻魔なりの理由があるんだわさ。

オイラは、人を待たせるのが嫌いな男である。相手より先に目的地に着いていたいし、待たせたら、仮に時間が間に合っていても、「ごめん」と謝る。オイラの友達は、特に恋人は、歴代そろって共通項があって、遅刻魔なのだ。待つことには慣れているし、待たなければ落ち着かない。

そんなオイラも、かつては遅刻魔だった。

遅刻魔には、遅刻魔なりの理由がある。遅刻してはいけないときに限って、トラブルがあったり、何か勘違いしていたり、時間を間違えていたり、体調が悪かったりする。登校拒否の子どもが、学校に行く前になるとお腹が痛くなったりするのと似ているかもしれない。仮病ではない。マジに、何かあるのだ。

時には、絶対に達成できないプランを立てることもある。間に合わないことは明らかなのに、そのことに気づかずに予定を立てて、そのときになって後悔することもある。元来、アダルトチルドレンは、計画立案不実行型が多い。家族の機能が壊れていると、せっかく立てた計画が実行できないことなど、当たり前だからだ。分かっていても、できないプランを立てる。できないと、自分を追い込み、破綻する。

そんな遅刻魔が、この数年くらい、すっかり遅刻をしなくなった。会社で仕事をしていると、時間厳守なので、いつの間にか身に付いたのかもしれない。

たぶん、一番のきっかけは、本能のままに生きるようになった、ということかもしれない。予定は、あまり立てない。手帳は、空白が多い。朝、お腹の空き具合で予定を立てたりする。早めに会社に出て、パンを食べたり、朝は食べずにランチを食べたり。

お腹の虫は、オイラの思考よりも、理にかなっているんだと思う。

最近、人を待たせることは、ほとんどなくなった。1時間前に待ち合わせ場所に着いて、途方に暮れることが多い。

腹の虫が、そうさせたのだと思っている。

|

« 受験勉強の原動力は、年上の女の子だった。 | トップページ | 突然ネットがつながらなくなり、途方に暮れていた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/8085444

この記事へのトラックバック一覧です: 遅刻魔にも遅刻魔なりの理由があるんだわさ。:

« 受験勉強の原動力は、年上の女の子だった。 | トップページ | 突然ネットがつながらなくなり、途方に暮れていた。 »