« 阪神・淡路大震災から11年、言葉にならない… | トップページ | スーパー特盛なでなでスペシャル »

2006年1月18日 (水)

誰かを叩くことでガスを抜こうとして、結果としては鬱積する日本

ブログを更新する前にパソコンを閉めてしまった(;^_^A

テレビも新聞も、朝から晩まで、ライブドアの強制捜査で一色になった。基本的にオイラは、ジャーナリズムという言葉が嫌いだ。こういう事件が起きると、ますます痛感する。これまで散々、ホリエモンを持ち上げておいて、いざ事件となると、自分たちの責任を棚に上げて叩きに入る。この強制捜査の「仕掛人」は、それをちゃんと分かっていて、存分にメディアを利用している。

耐震強度偽装事件で国民の関心は、姉歯やオジャマモンから、政府や政治家へと移りつつあった。鬱積した国民のガス抜きを狙い、どこかの誰かさんが、ホリエモンを選んだらしい。その狙い通り、ライブドアは、ご機嫌ななめな国民の標的となり、ホリエモンは、窮地に立たされている。

仮に、ホリエモンが抹殺されたとしても、民衆の鬱憤が晴らされることはない。次の獲物を求めて、狼煙をあげるに違いない。そのたび、日本をコントロールしている人たちは、新たな標的を持ち出し、“祭り”を始める。

ハマったように群がるマス・メディア。

今日、日本の株価は大暴落した。海外の市場にも影響が出ているらしい。「仕掛人」にとって、これは想定の範囲なのだろうか。もしそうなら、かなりのチャレンジャーだと思う。

|

« 阪神・淡路大震災から11年、言葉にならない… | トップページ | スーパー特盛なでなでスペシャル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/8223325

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かを叩くことでガスを抜こうとして、結果としては鬱積する日本:

« 阪神・淡路大震災から11年、言葉にならない… | トップページ | スーパー特盛なでなでスペシャル »