« 〝自作自演〟な転職スカウト~今だから笑える、2005年トホホな出来事~ | トップページ | 死を目の前にすると人は優しくなれるのかな »

2005年12月 6日 (火)

眞鍋姉さん、オイラの寝ぼけっぷりも、かなりのもんだよ

眞鍋姉さんが、空港での寝ぼけ話を披露しています。寝ぼけっぷりでは、オイラも負けません。いや、特に、バスの中っていうのは、やけに静かだから、ちょっとした独り言や寝言とかが、よく聞こえるんだな。

以前、広島に一人旅に出た帰りの夜行バスでのこと。

オイラは、朝方に悪夢を見るタイプなんだな。広島から夜行バスで東京に向かった、翌朝やったけど、

暴走トラックをオイラが運転して、あちこちを破壊しながら爆走する夢

を見ていたんだ。ストレスたまってたんだろうなー。

ちなみに、オイラ、運転免許、持っていない。無免許なのだ。←夢だっつうの

暴走するトラックは、揺れに揺れながら、前方の巨大ビルに向かい、突撃していくわけだわさ。ブレーキもきかない。ハンドルも回らない。

ああああああああっ!!!!!!!!!!!

叫んでいた。

夢の中で、ではなく、もうそのときは目覚めていて、夢の続きで叫んでいた。

高速バスの満員の乗客が、オイラを眠そうに見つめていた。

バスは、ちょうど首都高をのんびりと東京に向けて走っていた。

こーゆーとき、お互い、どういうリアクションをとればよいか、分からない。

ただただ、無表情に再び目をつむるしかない。

・・・・・・

そういえば、ここんとこ、会社の帰り道は疲れることが多くて、帰りの電車で思わず、間違えた駅で降りることがある。

オイラの降りる駅は、急行や快速が止まる駅だから、急行や快速なら混んでいて、あまり座ることはない。けれど、そんな混雑が嫌いだから、空いている各駅停車でのんびりと帰る。すると、いつの間にか、こくり、こくりと眠りにつく。

はっ

と、気づいて、周りを見渡す。

あっ、降りなきゃ!

ガバッと起きて、ホームに飛び出す。

すると、駅は、全然関係のない駅だったりして、最近だと、冷たい風が吹いている。

さぶっ(T_T)

ガバッと起きると、電車を降りなきゃっていう強迫観念は、どっから来るんだろう。

お酒を飲んでいた頃は、夜中の電車に乗って、よく駅を乗り越して、とんでもないところで気がついて飛び降りたなんてことあるけど。あの頃の反射神経が残っているのだろうか。

あ、そうだ。

寝ぼけて、ネクタイをつけずに家を出たとか、靴下をはいていなかったとか、財布も定期も持っていなかったとか、真冬なのにコートを持たずに出たとか、雨なのに傘をさしていなかったとか、駅に着いてから、土曜日で休みだと気づいたとか、そんなボケは、日常茶飯事である。

そそ。やはり、一番痛かったのは、土曜日だと思って起きて、昼頃になってテレビで「笑っていいとも」をやっているのを見て、平日だと気づき、愕然としたことだろうか。

えーっと、ところで、今日は何曜日?

|

« 〝自作自演〟な転職スカウト~今だから笑える、2005年トホホな出来事~ | トップページ | 死を目の前にすると人は優しくなれるのかな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/7500358

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋姉さん、オイラの寝ぼけっぷりも、かなりのもんだよ:

« 〝自作自演〟な転職スカウト~今だから笑える、2005年トホホな出来事~ | トップページ | 死を目の前にすると人は優しくなれるのかな »