« 「生きとし生けるもの」といえば…? | トップページ | クリスマスだからといって、無理に抱き合う必要はないんじゃないかと… »

2005年12月12日 (月)

手帳を変えたら、楽になりそうな気がする

今日、新宿のロフトで来年の手帳を買った。手のひらサイズでポッケに入る。書き込む場所が少なくて、計画を立てるのが苦手なオイラにとっては、ちょうどよい大きさだと思った。見開きで1週間だけれど、1日分には、小さなハコが4つと、メモ欄がほんの少し。

大学時代、生まれて初めて買った手帳は、最初、手のひらサイズの小さなものだった。昔の警察手帳みたいなやつ。でも、しばらくしたら、A4サイズのデカい本みたいな手帳を買った。ギッシリと予定が組まれて、それだけで充実感でいっぱいだった。

そのうち、そんな大きな手帳は、「手」帳とは思えず、しかも、持ち運びしにくいから、システム手帳に変えた。

手帳の中身は、時間別に予定が書き込めるタイプがお気に入りだった。

何時から何時は、何をして、何時から何時は、誰に会って…。

予定が埋まれば、そこに生き甲斐があった。

でも…、

先日、昔の手帳が見つかった。仕事の鬼で、毎日、朝から晩までスケジュールが埋まっていた。仕事だけじゃなくて、何もかも、予定が入っていないと気が済まないくらい…。

で、もしかして、自分は、自分の予定があって手帳があったのではなくて、手帳が先にあって、それにコントロールされる自分があったような気がした。

そう言えば、一時期、手帳をやめて、PDAにしたことがある。アラームの電子音で規定される、オイラの生活、一挙手一投足。

オイラは、手帳にコントロールされるのは、よそうと思った。

来年は、この小さな手帳を頼りに、毎日が始まる。いや、12月19日から書き込めるから、そこからスタートかな。

さあ、何から書き込もうか。

また、新しい1年が始まる。

|

« 「生きとし生けるもの」といえば…? | トップページ | クリスマスだからといって、無理に抱き合う必要はないんじゃないかと… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/7589809

この記事へのトラックバック一覧です: 手帳を変えたら、楽になりそうな気がする:

« 「生きとし生けるもの」といえば…? | トップページ | クリスマスだからといって、無理に抱き合う必要はないんじゃないかと… »