« 回らない回転寿司 | トップページ | 歌声を届けることの難しさ »

2005年10月31日 (月)

眞鍋姉さん、オイラ、歯医者行ったことないんだよ

うらやましいでしょ。正確に言うとね、小学生のとき、1回だけ近所の歯医者に行ったことあるんだけど、

「奥歯に黒ずんだ歯が1本ある」

という、わけの分からない理由だった。虫歯じゃないんだな、これが。なので、黒ずんだ部分を軽く削って、お口くちゅくちゅしただけ。それ以来、ウイーンっていう、あの音は、聞いたことがないのだ。

では、虫歯になったら、どうしているのか?

いいえ、虫歯にはなったことないのだよ。子どもの頃の歯も、抜け落ちた後の大人の歯も、これまで37年間、オイラの歯は、一度も虫歯になったことがない。

よほど歯をきれいに磨いているのだろうと思いきや、そんなことはなく、むしろ、甘いケーキとか散々食べまくった夜に、歯も磨かずに平気で寝てしまう(笑)

オイラの歯は、無敵なんだ(^_^)v

そんなわけで、オイラは、歯医者を恐れる人たちの気持ちがさっぱり分からない。

よく、親知らずを抜いたというので、そのときの痛さを身振り手振りで語ってくれる人がいるのだけれど、

オイラ、分かりませんし(-_-;)

ずいぶん前だけれど、虫歯になりやすい人となりにくい人では、体質があるのだと聞いたことがある。詳しくは分からないけれど、虫歯になりやすい人は、どんなに根気よく歯を磨いても、なるときはなる。でも、オイラみたいな人は、特段歯磨きに努力を注がなくても、虫歯にはならない。随分、不公平なのだね。

よく、大きな事故とかあって、身元確認に歯医者のカルテが利用されたりするでしょ。オイラの場合、おそらく、身元不明のままなんだな。

だって、

オイラのカルテ、どこにもありませんし。

歯の治療をしたことがないんだから。

まいったなあ、でたらめでも1本抜いとくかなあ(T_T)

嘘。痛いからイヤ。

それにしても、眠れない夜には、眞鍋姉さんがブログ更新している。今夜も、何だか寝付けなくて、何となく暗闇の中をパソコンを開けると、眞鍋姉さんが、歯医者の話を書いていた。夜中にご苦労様。トラックバックしちゃおう。

そんなこんなで、虫歯の怖さを知らないオイラなのでした。

|

« 回らない回転寿司 | トップページ | 歌声を届けることの難しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/6769167

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋姉さん、オイラ、歯医者行ったことないんだよ:

« 回らない回転寿司 | トップページ | 歌声を届けることの難しさ »