« くじ運はかなり悪いほうだ。 | トップページ | ところで今日は池袋 »

2005年9月 1日 (木)

防災の日

神戸は、私にとってあこがれの町だったし、「まちづくり」という言葉も、京都と並んでこの町から学んだ。大学の講義で神戸の住民参加型のまちづくりを学び、非核神戸方式という、核を持ち込ませない姿勢にも共感した。そこにいるだけで気持ち良い町だったのだ。

それだけに、阪神淡路大震災で壊滅した町には大きなショックを受けたし、世界観が崩れ去るような虚脱感が襲った。

その頃、私は東京で就職活動をしていて、友達からの電話で震災を知った。テレビをつけると高速道路が横倒しに倒れていた。すぐに神戸に向かいたいという衝動にかられたが、神戸に向かう交通アクセスが寸断されており、国道が渋滞していると聞き、思い止まった。何より私は、今いる会社の内定を待っている最中だったから、東京を出るわけにいかなかった。

今でも、あのときすべてを投げうって被災地に向かうべきだったという後悔の念がある。

震災から数日後、私は会社の採用が決まった。入社して最初の記事は、東京の震災対策だった。

東京の人にとって、震災とは遠い昔の話だ。が、関西では、今もリアルタイムで復興が進んでいる。首都直下地震が起こる確率は、今後30年以内に70%だという。私たちの世代は、プレート型の東海地震と、直下型の首都直下地震の、二度震災を経験する可能性がある。

私たちの足元はいつも揺れている。せめて今日は、当たり前の今日でなく、いつか襲う災害をしっかり事実として受け止める日にしたい。

|

« くじ運はかなり悪いほうだ。 | トップページ | ところで今日は池袋 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/5737267

この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日:

» 「原発震災」という言葉を知っていますか? [ブログで囲もう! 浜岡原発]
「原発震災」というのは大地震が起きたときに、原発が放射能を放出する大事故を起こす災害を指します。ただでさえ、火災や家屋倒壊、津波などで大変な状況なのに、原発事故が起きたら文字通り救いようのないことになってしまいます。 東海地震の震源域に浜岡原発があります....... [続きを読む]

受信: 2005年9月 2日 (金) 02時00分

« くじ運はかなり悪いほうだ。 | トップページ | ところで今日は池袋 »