« 私は大きな迷子 | トップページ | もう昔っちゃあ、昔だが… »

2005年9月15日 (木)

その後

最近、その母親から連絡が入った。借金まみれになった両親は、闇金の社長に助けられたという。理由は、よくわからない。社長は、何社もの取立て屋を片っ端から追い払うと、両親に「あんたらは立ち直れ」と諭したという。それっきり取立て屋は、二度と現れなかった。

今、母は、その社長に仕事をもらい、どうやらカタギの商売をしているらしい。ネットビジネスの知り合いは、みんな逃げてしまった。当たり前だ。闇金の社長に雇われている人間の相手なんて、できっこない。

社長は、地元を牛耳るドンだという。

ところで、この話、出来過ぎている。母には、昔から明らかに妄想癖があった。私は、話半分でこの話を聞いていた。

以前、母がくれた手紙をある専門家に見せてみた。その人は、手紙を読むと顔を曇らせて言った。

「大変失礼なことを言ってしまいますが、ごめんなさいね、お母さん、精神的に病気でらっしゃいませんか」

そうかもしれないと思った。

今日は、天気予報が曇りだというのに朝からからっと晴れている。暑い日になりそうだ。

|

« 私は大きな迷子 | トップページ | もう昔っちゃあ、昔だが… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/5952702

この記事へのトラックバック一覧です: その後:

« 私は大きな迷子 | トップページ | もう昔っちゃあ、昔だが… »