« 母の借金・父の借金 | トップページ | 唐木田→渋谷 »

2005年8月25日 (木)

私は納豆が大好きだ

名古屋出身のくせに納豆が大好きである。いつの間に好きになったのか、自分でも分からない。中学校のときに修学旅行で日光・東京を訪れ、旅館の朝食に納豆が出ていたが、そのときが納豆との初遭遇である。が、納豆の正体が分からず、周りの生徒たちもキョトンとしていて、食べられなかった。大学時代、一人暮らしを始めて、生協に納豆が売っていたので、なぜか、買って、何となく食べた。別段抵抗感もなく、普通に食べた。家族で納豆が食べられるのは、私一人である。

大学の友達と大学生協の食堂でご飯を食べたとき、納豆にソースをかけているのを見て、驚愕した。私は、醤油派である。圧倒的多数は、そうであってほしい。納豆単独で食べることはあまりない。生卵は必須である。ネギを刻んでみるのも良い。納豆を箸でかき回し、すかさずネギを散らす。生卵をかき回し、納豆を放り込む。醤油を数滴たらし、豆の1つ1つがほぐれるまでかき回す。熱いご飯に豪快にかける。ここからは、あまりかき回さず、生卵の汁が奥深く染み渡らないうちに一気に口にかきこむ。はふはふとかきこむ。カラッとした海苔で生卵納豆かけごはんを包み込み、がぶりといくのもなお良い。

ご飯、わかめと豆腐のみそ汁、生卵、納豆、海苔・・・。朝ご飯は、これだけあれば、もう何もいらない。

分からないことがある。なぜ納豆が好きなのか。どこでこんな食べ方を覚えたのか。一生懸命振り返っても、記憶が呼び起こせない。

松屋や吉野家の朝定食には納豆定食がある。牛丼華やかかりし頃、吉野家で納豆定食と牛皿を頼む。私にとっては、300グラムのステーキよりも、豪華料理だ。

|

« 母の借金・父の借金 | トップページ | 唐木田→渋谷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/5635407

この記事へのトラックバック一覧です: 私は納豆が大好きだ:

« 母の借金・父の借金 | トップページ | 唐木田→渋谷 »