« 迷子vs迷子 | トップページ | PIANO & WOMAN ~生命~ »

2005年7月25日 (月)

台風前夜

子どもの頃、台風は、災害ではなく、冒険だった。朝、自分の街が暴風圏内なら、学校は休み。テレビのニュース映像を見ながら、迫り来る台風に向かい、「来い!」「来い!」と念じていた。台風が近づくと、町中が独特の緊張感に包まれて、その雰囲気が大好きだった。商店街がみんなシャッターを閉めていたり、デパートが早く閉店したり、電車がストップしたり、都市の機能が止まる瞬間を見ようと、強風が吹く中を出かけたこともある。

子どもというのは、残酷な生き物なのである。

大好きな台風は、そう簡単に私の住む街を直撃してくれなかった。前の晩、台風が 着々と近づき、上陸間違いなしと分かり、浮かれ気分で布団にもぐり、外を吹く強風の音にわくわくしながら眠った。でも、朝起きると、空は雲一つない青空で、道のあちこちにゴミや木の枝が落ちていて、台風の痕跡だけが残り、もちろん、学校は平常通りだったりして、大きなショックに陥ったりした。ちゃんとした記録はないのだが、台風の上陸は、昼間より、夜の方が多い、というイメージが強い。

昔、工藤夕貴が主演で『台風クラブ』という映画があった。「台風は楽しい」という子どもの心境をそのまま映画にしていた。

大人になったが、未だに台風が近づくと、ワクワクと胸が騒ぐ。不謹慎極まりない大人なのである。台風真っ直中の、閑散とした電車に乗ったり、繁華街を家路を急ぐ人たちの逆方向に歩いてみたり、やけにガラガラのお店でご飯を食べたり・・。基本的に、私は、子どもっぽい、っていうか、幼いのだろう。子どもの頃は、台風のときには家でおとなしくしていないと怒られたが、今は、お構いなし。すぐに冒険に出かけたくなる。

もっとも、最近の天災は、そういう冒険心を包み込むには、あまりにも過激になってしまった。異常気象は、こんな大きな都市を一呑みにしてしまう。想像を絶する災害が多すぎる。ワクワクしている場合ではなくなった。地球は怒っている。

明日の夜、台風は上陸するらしい。何と、私は、四谷天窓.comfortのpiano&womanに出かけてしまう。先日は、震度5強。今度は、どんな災害が私を待ち受けているだろうか。今年の四谷方面は、かなり過激に盛り上がっている。

もしも、無事だったら、明晩、このblogで。おやすみなさい。

|

« 迷子vs迷子 | トップページ | PIANO & WOMAN ~生命~ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/5149710

この記事へのトラックバック一覧です: 台風前夜:

« 迷子vs迷子 | トップページ | PIANO & WOMAN ~生命~ »