« 「そらめく.com」スタート | トップページ | 夢の足跡 »

2005年6月27日 (月)

サガシモノ

D1000109 松岡ヨシミちゃんのライブを観に、夕方、渋谷にあるBAR Road&Skyへ行った。すごいところだ。カウンター席8席、ソファー席8席。ここに4組のアーティストが集まる。1人が4人のノルマを達成すれば、満員御礼。とてもライブができるスペースではないのだが・・・だって、入口を開けると目の前はステージなんだもの(笑) おそらく、ライブがない日は、すっごい雰囲気の良いBARなのだと思う。

松岡ヨシミちゃんが歌う「サガシモノ」という歌。渋谷の街を題材に歌っている。

渋谷は、サガシモノをするにはぴったりの街なのだ。私は、心の中が空っぽになったとき、まず渋谷の街を訪れてみる。人混みが嫌いな人は敬遠しがちだが、人が多いわりには、人間に興味のある人が少ない。群れているが、1人1人はバラバラで孤立している。だから、誰かに声をかけてくる輩に、ろくなやつはいない。人間に興味のない人たちだから、目当ては自分ではないと思った方がいい。お金だったり、宗教だったり、暴力だったり、麻薬だったり・・・。人混みで1人になれる街・・・、いや、みんながひとりぼっちの街なのだ。

空っぽの私は、この街を彷徨うとき、まず、ハチ公前のスクランブル交差点の角にある本屋を訪れる。ここに並んでいる本を眺めているだけで、東京が何を考えているのか分かる。東京の頭をパックリと割って、中身を覗く。それが飽きると、服を探したり、メガネを変えてみたり、とにかく自分のなりたい自分になろうと、いろいろともがく。たくさん服を買って安心することもあれば、結局自分が見つからずに途方に暮れて帰ることもある。

渋谷に愛着はない。何度訪れても、ここはあふれるほどの人の群れしか見えない。でも、何故だろうか、渋谷を隅から隅まで歩くと、自分を見失いそうになったり、逆にいつの間にか新しい自分がいたり・・・、他人のことではなく、自分のことを考えている。

渋谷に自分の居場所はない。でも、この街の足跡は、そのまま「私」になる。私は、今日もまた、渋谷の街で何かをさがしている。どこかに置き忘れた私をさがしている。

今日は、メガネを買った。レンズに微妙に色をつけてみた。青っぽいグレー。まぶしい街が、少し優しくなるような気がする。

「サガシモノ」・・・松岡ヨシミちゃんは、大人の迷子を包み込む。私のような、身体も心も方向音痴な人間には、優しすぎるサウンドかもしれない。

|

« 「そらめく.com」スタート | トップページ | 夢の足跡 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/4724281

この記事へのトラックバック一覧です: サガシモノ:

« 「そらめく.com」スタート | トップページ | 夢の足跡 »