« そらめく | トップページ | 聖蹟桜ヶ丘 »

2005年5月30日 (月)

雨の日は傘をさすのが当たり前と思っているでしょ。

D1000056 朝、目が覚めると、雨が降っていた。今日は、午前中、日野市へと向かい、出社は午後。こういう日は、少し朝はのんびりしている。歯を磨いて、顔を洗い、服を着て、ほっこりして、さあ、出かけるかと、家の玄関を出た。

傘がない。

外は雨が降り続けている。そもそも、以前に雨が降ったとき、私は傘をどうしてしまったのだろうか。っていうか、雨降ったのって、久しぶり?夕方に夕立が降ったことがあったけれど、そのときはすでに帰宅していた。すると、もっともっと前、ということになる。ゴールデンウイーク前?

いずれにせよ、家に傘は1本も残っていなかった。仕方なく、私は、雨が小降りになるのを待ってみた。ケータイサイトで調べてみたら、通勤時間帯は雨が降るみたいなことが書いてあったので、少し待てば止むかと思ったのだ。ところが、雨は、待てども待てども勢いを増す。本格ぶりになるのも遠くない。

仕事もあるので、私は思いきって、傘を持たないまま、雨の中を駆けだした。さぞかし、滑稽な光景だったと思う。傘を忘れて走るなんて光景は、普通は、帰宅時のことだ。朝から傘もなしに家を飛び出すなんて、世界が逆立ちしている。全速力で駅まで走り、無事電車に乗った。雨はますます大降りになった。

高幡不動駅に着くと、少し雨は小降りになっていた。私は、駅前のバス停から仕事先へとバスで向かい、帰りも仕事先の目の前の停留所から、駅へと戻った。新宿駅に着いて、雨はいよいよ本格降り。ユニクロで2本1000円の傘を買い、ようやく私は雨に濡れずに歩くことが出来た。

傘は、今年に入って、2、3本なくした。私は、雨が降るたび傘を忘れる。今年の梅雨は長くなるのだろうか。いったい何本の傘を浪費してしまうのだろうか。

そういえば、忘れてしまうものを思い出した。折りたたみ傘の袋。あれ、いつも間にか消えている。落としたのか、捨てたのか。

少し切ない梅雨が始まる。

|

« そらめく | トップページ | 聖蹟桜ヶ丘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/4342661

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日は傘をさすのが当たり前と思っているでしょ。:

« そらめく | トップページ | 聖蹟桜ヶ丘 »